借地権とは

借地権は第三者の土地を借りて、土地に自己所有の建物を建てられる権利です。 借りる側を借地権者と呼んで、貸す側の地主などを借地権設定者や底地人と呼びます。土地を貸してくれる地主さんには、その対価として借りる側は毎月その地代を支払います。

借地権のメリットは、土地に対する固定資産税がかからないことが大きいメリットです。所有権を購入するよりも安く、借地権付きの建物で借地権の権利を売却する事も出来るなどのメリットもあります。借りた土地に建てた建物は自身のものですが、土地は他人のものです。借りている土地に建物を建てただけなので、その土地の地代発生や建物賃貸借契約上そして借地借家法上などに関しては地主との間にいろいろな制約を結ばなければいけないこともあります。借地権には種類があります。旧法借地権と新しく決められた法があります。

旧借地権は、借地権者側の立場を重視した決め事が多くなっていましたが、内容によっては地主側との間にトラブルが起こりやすくなってしまった為、双方の便宜をはかることで新しい法に変わりました。また旧借地権で契約した物事は、新しく制定された法に自動で更新されないので又そこで問題が発生してしまうこともありますが、契約状況を双方がしっかり把握しておくことで、トラブルの回避ができます。それには契約をしたらそのままにしておかないで、契約書の確認などを時々おこなうこと、そして旧法と新法のどちらの契約になっているのかきちんと確認をしてみましょう。