種類と内容

借地権の種類である、賃借権と定期借地権の大きな違いは契約更新と契約期間の違いがあります。旧賃借権と定期借地権の一番の違いは、法定更新があるのか無いのかと言うところになりますが、旧法賃借権の場合では法定更新がありますが、定期借地権の場合は、それがありません。

存在自体していませんので契約期間が満期になってしまうと契約がそこで終了します。これらの違いのポイントになるのは、契約をずっと継続することができるのか、それとも契約満了の時点で終了してしまうのかです。借主側の土地を借りる契約が終了してしまった時には、土地に建てた建物は撤去しなければいけません。

建物を撤去してから、更地として土地の所有者に明け渡しをします。定期借地権の場合では、このように建物を撤去するのにも費用がかかりますので、返還リスクがあると言えます。費用の確保と撤去時期をしっかり確認しておくことが必要です。

存続期間は長くなりますし、契約更新もありませんので土地を借りるという意味ではとても良い条件ですが、契約満期時にかかる費用を念頭に置きながら借りることが必要です。また、借りた土地に建てるものには限定がありません。契約している期間は、もちろん地代が発生します。反対に土地を貸せる側にとっては、相続税の節税になります。